空気触媒オールチタン AT254は菌やウイルスのタンパクスパイクに働きかけ、不活性化します。

空気触媒AT254とは?

空気中の水と酸素で縮合化学反応をする物質を「空気触媒」といいます。
触媒とは自分自身は変化せず周囲の物質と科学反応を促進するため、摩耗して効果が無くなることがありません。
この特徴を活用し私たちの生活に関わる問題解決のために開発されたものが「オールチタンAT254」です。
254種類の有害物質・菌類・ウイルスに対して効果的な作用する力が高く、長期間(5~8年)効果を発揮し続けるメリットがあります。

光触媒との比較

光触媒と無効触媒の違い

光触媒は文字通り、光(紫外線)が当たらないとその効果を発揮できません。
無光触媒は光(紫外線)ではなく、空気中の水と酸素に酸化還元反応しますので、空気触媒とも呼ばれています。
大きくカテゴリを分けますと、光触媒は高速道路の防音パネル、外壁など主に「外部」に採用に対して、無光触媒は室内、車、電車、バスなど「内部」に向いています。

メリット・デメリット

光触媒

・紫外線(1000ルクス以上)ないと酸化還元反応をしな
 い施工時にプライマー(下地)が必要
・施工後、乳白色に着色してしまう
・光触媒はプライマーまで触媒してしまうので効果が1年
 程度と短い
・コストが安い
  などです。

無光触媒
  • 光を必要としない
  • 施工時にプライマー(下地)が要らない
  • 施工後、無色透明なので変色をしない
  • 効果は3~8年、場所によっては5~8年の場合もある
  • コストは光触媒より高い

 などです。

抗菌時代、抗菌スプレーや銀イオンで除菌も当たり前になりました。ぜひ特性を知って頂いて、場所に合った採用をおすすめします。

空気触媒のイメージ